Foto Fiori
暮らし

ひとつひとつ安心を自分の手で

ゆっきー

こんにちは。竹内悠貴(たけうちゆき)です。

欲しいものが手に入らないなら。

作ってしまえ!笑

布マスク、作りました。

まだもう少し、不織布の使い捨てマスクもあるのだけれど、無くなった時に備えようと思って。

マスクには、感染予防の効果はあまりない。

との見解もあるようだけれど、せきやくしゃみをしてしまった時のために、そして、ついつい触れてしまう顔まわりを保護するために、マスクをしていようかな、と思っています。

(花粉症なので、くしゃみ&咳は出てしまうのですよねー。)

マスクも売ってないけど、ガーゼも、マスク用のノーズワイヤーも、ゴムも、売ってない。

みんな考えることは一緒ですねー。笑

マスクの型紙や、作り方はネットで調べたらすぐわかるので、これから作ろう!と思われてる方たちが大変そうなのは、材料の手配かな。

マスク用のノーズワイヤーは全然売ってないので、使い終わった使い捨てマスクから抜き取ってリサイクルしたり、ラッピング用の針金で代用しました。

ゴムは、細めの平ゴムや、髪留め用のゴムで大丈夫。

最初は手縫いで作っていたのだけれど、1個作るのに1時間くらいかかってしまって、ギブアップ。

実家に帰ってミシン使ったら、作業スピードが2倍になって量産できました!!

ミシンをちゃんと使うのなんて、20年ぶり?と思っていたけど、前職で時々使っていたので、全然余裕!!でした。

(トゥシューズのリボン&ゴムを、ミシンで縫い付けてたのですー。むしろそっちの方が、細かい作業で、ミシンレベル高かった気がする。)

とりあえず、これで一安心。

マスクの衛生管理とかも気になるところだと思いますが、不織布やウレタンのマスクを洗うくらいだったら、布のマスクを洗った方が清潔な気がします。

マスクの洗い方はこちらを参考にしています。

先週、父の実家から、数十年前のガーゼマスクが大量に出てきたそうで(笑)

今までなら、雑巾がわりにして処分されてしまうところだけど、なんてナイスタイミング。

時代を経て、ちょっぴり黄ばんでいたけど、重曹と過炭酸ナトリウムで煮洗いしたら、真っ白に戻りました。

少し小さめだけど、これならゴムを通すだけですぐ使える。ありがたやー!!

ここ数日、テレビをつけていても、話題はコロナウイルスの話ばかり。

憂鬱になるので、テレビを付けない日が続いたら、時間の流れるのがとてもゆっくりになって。

コロナウイルスのおかげで仕事がキャンセルになったから、マスクを縫ったり、アイロンかけたりと、手仕事をする時間もできたわけですよね。

ああ、もう大変なことばっかり!!とも思うけれど、このゆっくりした時間もかなり幸せだな、と感じています。

何事も捉え方次第。

少しでも、気持ちよく心地よく、過ごせる時間が長い方がいいですね。

ああ。でも早く収束しますように!!

関連記事
error: Content is protected !!