Foto Fiori
つぶやき

当たり前すぎて気づかないコト

こんにちは。
竹内悠貴(たけうちゆき)です。

自分にとって「当たり前」なことって、そのありがたさや素晴らしさに気づかないんです。

写真を撮り始めて「当たり前」を「当たり前」と、いつものことだよね、と流さずに感じることができるようになったな、と思っていたのですが、わたし、まだまだでした。

私にとって、当たり前の冬の風物詩。

たっぷりの箱入りみかん。

祖父母がみかんを栽培していたので、みかんは買うものではなく、そこにあるもの。

毎年あるのが当たり前。

だから、特別感もなく、当たり前すぎて、実は一度も写真を撮ったことがなかったんです!!

他のフルーツだったら撮るのに。
(それに気づいてびっくりした)

お正月にみかん畑に行く

↑これは非日常なので撮る。

納屋にみかん箱が積み上げられていて、中にもぎっしりみかんが詰まってる

↑これもなかなか見れない風景なのでこれも撮る。

だけど、家にみかんが届いた時に、

「わーい!みかん!!ビタミン補給!!」

とは思うのに、撮ろうとはしなかったんですよね。

みかんがあるのが当たり前だから。

気づいたんだから、撮ってみよう!と撮ったのがこちら。

ビタミンカラーって、めっちゃ可愛い。
みかんの断面も可愛い。

当たり前になってしまって、気づいていないこと。

まだまだありそうです。

関連記事
error: Content is protected !!