Foto Fiori
つぶやき

個展までの道 Vol.2 会場の選び方についてPart1

ゆっきー

こんにちは。竹内悠貴(たけうちゆき)です。

個展開催までの裏話。シリーズで書いています。

そもそも、個展を今年やる!と、本気で腹を括った時の裏話。

信じるも信じないも、やるもやらないも、わたし自身の問題ですが、【直感】【インスピレーション】は、大事にしてます。

(・・・ほっとくと、すぐ「思考」で思いつきを閉じ込めちゃうので。)

大事にする【直感】とは、自分の直感も、ですし、人の直感も。

こうしたらいいって、ふと思ったから伝えるね。

って、伝えてもらえるって、ほんとに幸せなこと。

わたし自身も、人のことでふっと思いついても伝えずに終わってしまうことが多々あります。

それなのに伝えてもらえるなら、それは真摯に受け止めたいって思っています。

この個展にしても、始まりはそうでした。

コロナのこともあり、すごーく久しぶりにお会いした方に、
「今日、ゆっきーに会うって思ったら、これは伝えた方がいいって、ふと降りてきたから伝えるね。個展、今すぐやりなさい。もう今やらないとできなくなるよ。」って。

言われた瞬間、「あぁ。やっぱりそうか。」と。

それは、心のどこかでずっと思っていたことだったから。

たしかに今なら時間がある。

コロナのおかげでスケジュールはガラガラ(笑)

テーマは考えなきゃいけないし、場所も見つけなきゃいけないけど、個展を開くなら、やりたいコンセプトはある。

「個展をやるなら、会期スタートの日時と、方位は見てもらった方が絶対にいい。」

その場ですぐに鑑定の依頼を出して(笑)、数日後には鑑定してもらい、今年の吉方位と日にちを教えてもらいました。

今年の吉方位は「北」。

我が家から北って。町田、立川、国立、国分寺、小平。

なんとまぁ、アクセスの悪い(笑)

でも、どうせなら調べ尽くしてみよう。
どうしてもなかったら、方位関係なく、アクセスが良くて、雰囲気がいいギャラリーにしよう。

と、調べていたら、ちょうど吉日スタートの会期が空いていて、方位もばっちり。
かつ、わたしのやりたい展示向きのギャラリーが見つかったのです。

鑑定結果については、実はライブ配信で喋ってるので、気になる方はこっち見てね。

会場が見つかる前の裏話

鑑定してもらったのは、7月始め。で、今年の最大の吉日は、なんと7月中(笑)

超急ピッチでやったら間に合うかも。と思って、ギャラリーも探しました。

だけど、ダメだったんです。

あまりにも急すぎるって、断られちゃった(笑)

すっごい素敵!ここならやりたい!って思ったギャラリーだったから、すごく悲しくて、しばらくは個展のこと、考えられないくらいでした。

関連記事
error: Content is protected !!