Foto Fiori
写真の編集

気持ちを大切に

ゆっきー

こんにちは。竹内悠貴(たけうちゆき)です。

写真を撮る時。

今、わたしの目に写っているままに撮らなければだめ。

って、思っていませんか?

それよりも、感じたままに写し出す。感じたままに表現することを大切にしてほしいな。

そのためには、加工・編集(以降、レタッチと書きますね)したっていいじゃないっ!!

レタッチ Before/After

撮った時の気持ちで表現した写真も、時を経て改めて見た時に、違う感情が呼び起こされる時もあります。

ふんわりと、さわやかに

たとえばこちら。

Before
After

撮影した時は、夕方近くて、なんとも切ないノスタルジックな気分だったのだけど、3ヶ月後の今、もう一度見てみたら、もっと瑞々しく爽やかな表現に変えてみたくなりました。

わたしは、編集ソフト「Lightroom Classic」を愛用しているので、Lightroomで編集した際の補正値は、こんな感じ。

なのですが、もともとの画像の撮影状況によって、この補正値は全然変わるので、あくまでも「ふーん、こんなことしてるんだー!」くらいの感じで笑。

瑞々しいグリーンに

撮影時、めちゃくちゃ暑くて、落ち着いて調整できなかったものを、撮影時に感じたままに表現するためのレタッチ。

Before
After

Beforeのグリーンのくすみ感を、より鮮やかにクリアになるようにレタッチ。

キラキラの光が木々の隙間からこぼれ落ちてくるような、そんな幸せな一瞬を表現したくて。

Lightroomでの補正値はこんな感じ。(参考になるのかな?)

ノスタルジックな描写に

元画像の雰囲気も好きだったので、よりその雰囲気を表現するために、ちょっぴりノスタルジックな雰囲気にレタッチしたのがこちら。

Before
After

Lightroomでの補正値はこんな感じ。(参考になるのかな??笑)

何を撮るか、よりも何を表現するか

写真を撮る時も、レタッチの時も、何を撮るか、よりも、何を表現したいのか、を大切にしたいです。

テクニックさえあれば。
いいカメラを持っていれば。
いいレンズを持っていれば。
絶景と言われる場所に行けば。

いい写真が撮れる。

と思われがちですが。(私の周りには、ほとんどいないんですけどね。)

なによりも大切なのは、

  • 何に感動したのか。
  • 何を表現したいのか。
  • 何を伝えたいのか。

わたしも日々、修行です笑。

Lightroom Classicを使った、写真のデータ管理・写真の加工編集を学びたい!という方へ、「手取り足取りRaw現像クラス」を開催しています。

どちらかというと、写真の初級者向けというよりは、中級者向けのクラスですが。

詳細は、こちら。

6期は、すでにスタートしてしまった・・ので、次期以降のリクエストをお待ちしています。

(こちらの講座はオンラインで、基本的にはリクエストをいただいた際に開催しています。)

関連記事
error: Content is protected !!