Foto Fiori
写真の撮り方

雨の日はカメラが心配?!雨の日撮影用におすすめグッズ

ゆっきー

こんにちは。竹内悠貴(たけうちゆき)です。

カメラを習い始めた時、一番心配だったこと。

雨の日って、カメラが濡れるけど大丈夫なの?!

結論から言うと、ちょっとくらい濡れても、しっかり拭いたり乾燥させれば大丈夫。

だけど、何もしないでカメラを濡らすよりは、濡らさない準備を。

ってことで、撮影に行こう!と思っていたのに、雨予報だった時にぜひ読んでくださいっ!知ってるだけでも安心ですから。

雨予報の時に準備するグッズ

ひとまず、以下の4つがあると、安心です。

  • タオル(1〜2枚)
  • レインコート・雨合羽
  • 透明なビニール傘
  • シャワーキャップ

1)タオル(1〜2枚)

何はともあれ、タオル!

カメラが濡れたら、タオルで拭けばいいし、カメラにタオルをかけて撮影すれば、雨のしぶきも、吸い取ってくれます。

(どしゃぶりだと、雨の勢いにタオルが負けますけどね・・)

シャワーキャップなしでも、とにかくあると安心!

撮影後に、自分自身やカメラを拭くときにも使うので、2枚くらいあるといいですね。

2)レインコート・雨合羽

雨の日の撮影は、両手が空くレインコートスタイルがおすすめです。

傘さしながらでもいいのだけれど、片手が塞がってしまいますよね。そして、片手で撮影も出来なくないけど、カメラの重さで手がやられがち・・笑

2人一組になれるなら、誰かに傘を持っていてもらうのも一つのアイディア。

せっかく雨の日に撮影に出たのだもの。撮影に集中できた方がいいですよね!!

3)透明なビニール傘

レインコートがないよー。。という方は、傘で行かれると思いますが、透明なビニール傘がおすすめ!

透明な傘だと、光を通すので影にならず、傘の色も撮影の邪魔にならないのです。

傘越しに、水滴とともに写すのも、雰囲気が出ておすすめですっ!!

4)シャワーキャップ

シャワーキャップ、なんて、どうするの?って思いますよね。

カメラ本体に被せて、使います。物理的にカメラを水気から防ぐやり方ですね。

でも、シャワーキャップがなくてもタオルがあればひとまず大丈夫!!
(なので4番目にしました。)

雨の日には、雨の日だけの写真が撮れる

雨だから、と撮影を断念するのはもったいない!!

雨の日にしか撮れない写真って、たくさんあります。

しっとりした濡れ感。
水たまりに映り込んだ影。
葉っぱについた雨の雫。

準備さえしっかりすれば、雨の日だって安心。

ぜひ雨の日の撮影も楽しんでみてください!

関連記事
error: Content is protected !!