Foto Fiori
写真の撮り方

いただきもののおまんじゅうPhoto、試行錯誤の裏側見せます

ゆっきー

こんにちは。竹内悠貴(たけうちゆき)です。

お土産、プレゼント、などなどいただいたものは写真に残すようにしています。

だって、食べ物は食べて無くなってしまうし、形あるものだって、いつかは壊れてしまったり手放すコトもあるから。

けれど、写真を撮ってあれば、その写真を見ると、いつどんな場面で、誰から、いただいたものなのか、すぐに記憶が戻ってくるじゃないですか。

だからといって、ただの記録写真ではつまらない笑。

お礼を伝える時に、その撮った写真をそえる時もあるし、フェイスブックやインスタグラムで見せたい時だってあるもの。

ただの記録写真にはならないように、いただいた方への想いや、そのアイテムに合うようなものと組み合わせて、ストーリーが伝わるような写真を撮れるように心がけています。(毎回できている、とは言ってません)

ということで、今回の写真の裏側シリーズは、おまんじゅう編。

たった1枚撮っただけでは、いい写真は絶対撮れません。試行錯誤もお見せしちゃいます。

そう、1枚撮っただけで「うーん、なんかうまく撮れないー。やっぱりわたしセンスないしー、スマホだしー」って、あまーい!!!!笑

1枚でなんか雰囲気いい感じに撮れるプロだって、「いや、でもここがこうだったら!」って何回も何回もシャッターを押してますよ。

反復練習大事!練習練習練習!でどんどんうまくなります。

そんなの、なんでも一緒ですよね。

行動せずに、練習せずに上手くなれるものなんてなくて、その上手くなるまでの道筋を楽しめるのか楽しめないのか、だけの違い。

楽しめる人は苦労した、なんて思ってないから、練習なんてしてないよって言うかもしれないけれど、その裏側には「できなーい」って言ってる人の数倍の行動があるもの。

あ。話がそれたので戻ります。

まず、1枚目がこちら。

我が家には、「和」なアイテム、無いのですよね・・・。実は。

とりあえず、巻き簀を使ってみたけれど。うーん、どうなのよ?(笑)

後ろに広げたのは、東城のフリーペーパー。
酒饅頭の竹屋饅頭本舗さんの記事が掲載されています。

さらにお皿に入れてみた。こっちのお皿の方がいいかも!

やっぱり巻き簀はいらないや、と判断して、3枚目。

で、お気づきになったでしょうか。
おまんじゅうのパッケージが巻かれたままなことに。

乾燥してしまうので、コレ!という構図やコーディネートが決まるまでは、パッケージは剥かずに撮影しています。

なので。

構図が決まったところで、パッケージを剥いて、パシャっと。

やっぱり、パッケージに包まれたままよりも、断然美味しそうに写ります。

あとは、数枚バリエーションを。

フリーペーパー「だけじゃない東城」と一緒に。

今回行った先は庄原で、東城ってもう少し奥なのですけど、フリーペーパーを読んでいたら、明治大正昭和のレトロな街並みが残っているとかで、うん、行ってみたい!!カメラ持って街歩きしたいなー。

割ってみて。ハンドパワー♡

人の手が画面に入ると、あったかなぬくもり感が出てきます。(それをハンドパワーと呼んでます。)

スマホカメラ vs ミラーレスカメラ

同じコーディネートで、スマホカメラとミラーレスカメラで撮り比べてみました。

(オタクと呼んでいただいてOKです!わたしもそう思います!笑)

画面左側が、iPhone。右側がミラーレスです。違い、わかりますか?

ま、多少色味が違うとか、この影いやだな・・とか、わたし個人的には思うところは多々ありますが・・・。

ぶっちゃけ、そんなに違わない…ですよね。

敢えて分かりやすい部分を言うならば。

やっぱり背景がボケやすく、主役が引き立ちやすいのはミラーレス(一眼レフ)カメラかな。

だけど、iPhoneのほうは、全く加工していなく、撮ったままなんですよ。コレでも十分じゃない?

機材が良ければいい写真が撮れる。と思われがちだけれど、機材が良くてもいい写真が撮れるとは限らない。

何を撮りたいのか。

どう表現したいのか。

どんなストーリーを伝えたいのか。

それを考える方が大事だと思うのです。

あと、形を正しく捉えるチカラとか、カメラにわたしの意図を伝えるための知識とかもすんごく大事だけど。笑

よく、「この商品が上手く撮れるコツ、ひとつ教えてください!」って言われるのですけど、写真はいくつもの要素が絡み合ってできるから、ひとつに絞れない!!んです。

こうして、あーして、この角度が素敵だから、ここが見せられるように。この小道具準備してー。・・・と盛りだくさんなアドバイスになっちゃう。(まじめか!)

上手くなりたい!なら、絶対に反復練習は必須。

だけど、基本知識だけ!でも学んだら絶対写真はうまくなります!

商品を撮りたい方、いただいたブレゼントを可愛く素敵に撮りたい方、ちょっと写真が上手になりたい方におすすめな、商品撮影コース。開催しています。

次期は、2月スタート!詳細はこちらから。

関連記事
error: Content is protected !!