Foto Fiori
写真の撮り方

ピンボケ写真にサヨナラ!スマホ写真を撮るときに、押さえておきたいピント合わせの方法

全国出張でフォトセミナーに回っていて、いまさら気づいた、新事実。

スマートフォンで、綺麗に、上手に写真を撮りたいです!

とおっしゃる方のほとんどが、写真を撮る時のピント合わせを、「カメラ任せ」にしているコト。

「だって、写ルンですって、ピント合わせしないでしょ?シャッター押すだけじゃないですか。だから、それと同じだと思ってました!」

と、昨日教えていただいて、なるほどー!!と唸りました。

そもそもピントって?

「なんか上手に撮れないんですよね…」とおっしゃる方の写真を見せていただくと、写真を撮った時に見せたい!と思ったもの、いわゆる写真の「主役」にピントが合ってない写真ばかりなことが多いです。

まずは、ピントの基本。

「主役に合わせる」

ピントが合っていないと、不鮮明な画像になります。いわゆる「ピンボケ」ですね。

写真を撮った人は、ピントが合っていなくても、そもそも写真を撮った時に写したかったものはわかっているので、なにも問題を感じません。

が。

その写真を見ただけの人(写真を撮った人以外の全員)は、ピントが合っている部分を見せたかったんだな、と認識します。

ということは、主役にピントが合っていないと、見せたいもの、見せたかったものがそもそも伝わらない!!のです。

ピントってどうやって合わせるの?

ピント合わせは「カメラ任せ」でも、もちろん良い場合もあります。

スマホカメラを撮りたい方向に向けてしばらく待つと、カメラが勝手に主役を判断して、適当な場所にピントを合わせてくれます。

ですが。

ぜひ!カメラに、ピントはココに合わせてね!(主役はコレだよ!)と教えてあげて欲しいです。

やり方は簡単!

液晶をタップするだけ!

あ!撮りたい!

と思ったら、撮りたいものにカメラを向け、写っている画像を見ながら、主役にしたいものの辺りを画面上でタップします。

(これを、「タップフォーカス」と言います。)

「コレが主役だからね!」とスマートフォンに教えてあげるイメージです。

そして、ピントを合わせたら、シャッターを押す。

慣れるまでは、じれったいかもしれませんが、慣れればピントが合わないストレスや、ピンボケ写真から開放されるので、とってもストレスフリーになりますよ。

まずは、主役をタップ!

それからシャッターを押してくださいね。

写真を撮る時に大切にしたい大事なコト

ピントは合わせなきゃダメよ!というわけでもなくて、ピントを合わせない表現もアリ!です。

ピント合わせないとダメ!ですよね!とがんじがらめになってしまうのはもったいない。

わざとピントを合わせないで写真を撮る表現は、わたしもとってもよく使います。

例えばこんな感じ。

ピントを合わせたかったのに、ピントが合ってなかった。

は、残念写真。

「ピントを合わせる」なら、主役にしっかり合わせる。

「ピントを合わせない」なら、合わせない。

どちらかに決めましょう。

どっちもOKですよ。
でも写真の基本は「ピントを合わせる」かな(笑)

わ!自分でピント合わせやってなかったー!って方は、ぜひ!「タップフォーカス」してみてくださいね。

その他にも、iPhone・スマートフォンのカメラnには知られざるスゴ技はたくさんあります。

スマートフォンで撮る写真をレベルアップさせたい!もうちょっと写真上手になりたいわ!って方はぜひ、フォトコミュニケーション協会のアイフォトグラファー・スマフォトグラファー養成講座へ。

あっこ先生が、熱くたっぷり教えてくれますよー!

あっこ先生も、ピント合わせについてブログに書いてくれました。こちらも一緒に読んでみてくださいね。

同じことを書いてくれてるけれど、写真入りだから、わかりやすいかと!!

あと、書く文章にもその人らしさって現れるから、読みやすいのはこっち!とか、わかりやすいのはこっち!とかもあるかもね。

お好きな方をどうぞ^^

基本はおーんなじコトをお伝えしてますから。

関連記事
error: Content is protected !!