Foto Fiori
活動報告

蒲郡商工会議所さまでフォトセミナーを行いました

ゆっきー

こんにちは。竹内悠貴(たけうちゆき)です。

2020年も全国飛び回ります!

出張セミナー第一弾は、愛知県蒲郡商工会議所さまでのフォトセミナーでした。

定員を倍にしていただいてもなお、お申し込みがあったようで、、、ありがとうございます!

気をつけるだけでも大きく変わる写真のコツを中心に、3時間喋り倒してきました。

来年もぜひ!と言っていただけたので、また伺えると嬉しいな。

スマホでいいか、デジカメじゃなきゃダメか問題

これは、講座の最後にいただいた質問です。

「デジカメも持っているけれど、使いこなせなくて。結局スマホで撮って編集して、日々のSNSには上げてるのだけど、やっぱりデジカメの方がいい写真、撮れるんですよね」

スマホの方が綺麗に撮れる被写体や場面もあるし、デジカメ(ミラーレスや一眼レフ)の方が綺麗に撮れる被写体や場面もあるので、こちらが絶対にいい!とは言えないし、わたしはどちらも使います。

例えば、こういったレポート記事の写真は、iPhoneフォトばかりです。やっぱり手軽にすぐ撮れるのは、スマホカメラのいいところ!!

で、さらに言うと、スマホで撮った写真とデジカメ(一眼レフ)で撮った写真を比べてもわからなかったりするんですよね(残念 笑)。

ちゃんとカメラとコミュニケーション取って、わたしが撮りたいように、指示が出せるなら、デジカメの方がきれいな写真は撮りやすいと思います。(わたしはね)

だけど、使いこなせない、指示をどう出せばいいかわからない、など、デジカメとコミュニケーションがとれない場合。

圧倒的にスマホの方が、直感的に操作して撮りやすいんじゃないかな?

それに、スマホでも十分しっかりいい写真は撮れるよ!とも言いたい!!!

目的と手段を考える

デジカメじゃなきゃダメだから撮れない、発信できない。

よりは、

スマホだけど撮れる、発信してる。

の方が数倍いい。ですよね?

写真を撮ることが目的ならば、写真のクオリティの良し悪しなども追求したらいい、と思うけれど、そうではない方が基本的には多いはず。

発信すること、お客さまに届けること、商品の良さを伝えることが目的だから、そのために使う手段(写真)は、何を使ってもいい。

スマホでも、デジカメでも、伝えたいことがしっかり写せていればいいんです。

だから。

余計なものは写さない。(背景の処理)

とか、

明るさを適切に調整する。

とか、

形を正しく写るカメラアングルを探す。

とか、今すぐに、誰でもできることを気をつけて欲しいな♡

それだけでも写真は変わりますから。

今日のおまけコラム

蒲郡駅前に、舟?(結局なんだったのかはわからないのですが)

なんかカッコいい!!と思ってパシャリ。

だけど。交差点の手前から撮ったために、余計な信号、車などなどが入ってしまい、主役が何かがわからないため、コレはボツ。

(でも、こーゆー写真、よく見る気がしませんか?)

改めて交差点を渡ってから、パシャリ。

斜めにするの、カッコいいかな。と思ったけれど。

思っていた以上に不安定で気持ち悪い。それに、船の先が下がってるの、沈みそう…ですよね(笑)

なので、やっぱり真っ直ぐにカメラをむけてパシャリ。

うん。コレならOK!

みたいに、わたしもいろいろ撮ってみて、いいやつを選んでます。

ちなみに、上の写真は全く画像編集していない写真。

iPhoneの写真ツールの中の編集機能だけでちょびっと、加工したバージョンがこちら♡

写真って、いろいろ知れば変わるし、変わると楽しくなると思うので、楽しみながらやるのが何よりも大事で、オススメです!

関連記事
error: Content is protected !!