Foto Fiori
写真の撮り方

今あるカメラで素敵な写真を撮るコツ

「初めてやること」「初めて知ること」って、ドキドキしますよね。

こんにちは。
竹内悠貴(たけうちゆき)です。

今日は、わたしの地元、松戸で久しぶりの単発フォトセミナーを開催しました。

「お花をふんわり&玉ボケキラキラに撮りたいんです!!」

と来てくださったのですが、それ、わたしの超得意分野!!
ということで座学&撮影実習で3時間みっちりお伝えしました。

今までも独学でいろいろ試していたそうですが、このカメラ&レンズじゃ無理なのかな。と思っていらしたそう。

でも。こんなふうにしたらできるよ!とコツをお伝えしたら、バッチリ撮れるようになりました!

今、持っているカメラで、こんな風に写真が撮れるなんて!嬉しいです!!と言っていただきました。

そう。

明るいレンズ&いいカメラが必要なのではなくて、感動をカメラに写し込むための知識が必要だったのですねー。

素敵な写真には「わたし」の感動が写っている

素敵な写真はいいカメラが撮ってくれるわけではありません。

カメラに、わたしの意図を伝えるための知識が必要です。

カメラって、設定できるところがたくさんあるので、なにがなんだかよくわからないー!!とよく言われますが、カメラの設定をするって、めちゃくちゃ簡単に言うとこんな感じです。

ゆっきー

「カメラさん、明るく撮ってよ」

ゆっきー

「カメラさん、もっとボカしたいよー」

ゆっきー

「カメラさん、もっと色鮮やかにしてよ」

とか。カメラに指示出しする感じですね。

伝えると、カメラはその通りに写し出してくれます。

例えば「キラキラに撮りたいよー」って言ったらこんな感じ。

この写真の裏側は、この記事一番下で。

知識があれば、カメラの力を最大限に発揮してもらうことができます。

だから、「今持っているカメラでも出来た!!」となるんですね。

でも、写真の知識だけでも素敵な写真は撮れません。

なによりも、「あ!!コレ素敵!!」と感じる心が、素敵な写真を撮るための重要ポイントです。

(いつもフォトスクールでお伝えしている、【写真の心技体】です。)

さらに今日はもうひとつ。

心が動かされる、素敵な写真を撮るためのコツをお伝えします。

素敵な写真が撮れるようになる「裏ワザ」

とっておきの裏技は、写真好きな誰かと一緒に撮りに行くこと。

一緒に行くと、どんな場所で撮っているのか、どんな目線でカメラを構えているのか、一目瞭然。

今まで自分になかった目線や、写真の表現方法も盗めます。

ということで。

ここで、フォトコミュニケーション協会のインストラクター陣と、一緒に撮りに行けるイベントをご紹介します。
(はい、宣伝です!)

11月12月のフォトカレは、フォト散歩!

ぜひぜひ一緒に撮影しましょう~。

フォトスクール生でなくても、どなたでも参加できます。

なんなら一眼レフカメラ・ミラーレスカメラでなくてもOKです。楽しく写真を撮って、レベルアップしちゃいましょう。

▼11月フォトカレ『画角で遊ぼう!神宮外苑いちょう祭り撮影』フェイスブックイベントページはこちら。

フォトコミュニケーション協会HPからもお申し込みいただけます。

12月は羽田空港で撮影しますよー!

写真の裏側お見せします

このキラキラ写真。

この生垣で撮影しました。

なんの変哲もない日常に、美しいものがたくさん隠れている。

それは、カメラがあると見つけやすくなる。

だから写真っておもしろい。

だから写真って楽しいなって、思うのです。

関連記事
error: Content is protected !!