Y's Photo Labo Euphoria
写真の撮り方

桜の写真で見る 写真の変化

ゆっきー

こんにちは。竹内悠貴(たけうちゆき)です。

写真撮影や動画作成の講座を開催したり、商品写真の撮影・プロフィール写真の撮影など承っています!

お花が好きなので、季節ごとにいろんな花を撮りますが、毎年必ず撮る花は、やっぱりです。

毎年撮るから、その写真を並べてみると、違いがとてもわかります。

先日、フェイスブックさんが「思い出」として、6年前の桜写真をあげてきてくれました。

わー。懐かしいー!

こーゆーの、フェイスブック続けてやってきて良かった!と思う瞬間!!

普段は忘れてますもん。いつ、どんな写真を撮ったか、なんて。

ただ・・・、今見ると

ココがこうだったらもっと良いのにー!

って、思ったりもします。(だれよりも自分に一番厳しい笑。)

でも、今、以前の写真を見て、改善点が見えるということは、当時よりも階段を登ったということ。

毎年桜を撮りながら、

ゆっきー

「代わり映えしないなー」

ゆっきー

「毎年同じような写真、撮ってるなー」

って思ってましたが、
それでもちょっとずつ成長してるんだな。

ということで、わたしの桜写真を、時系列で振り返ってみようかなーと思います。

写真を習い始める前

探してみたら、あったんです。
習い始める前に撮っていた桜の写真!!

シャッター押したら、写真が撮れる。

知識も、テクニックも、なーんにも知らない時代に撮った写真がこちら。

ー2012年 iPhone撮影
ー2013年 iPhone撮影

ま、だれしも、最初はこんな感じですよーって、いい教材になるんじゃないかしら笑。

わたしがわたしにダメ出しするとするならば。

  • 花びらに光が強く当たっているので、明暗差が大きく、影が気になるね。
  • なんで斜め?

    (多分、上まで入れたかったんでしょうねー笑 ま、入りきってないんだけど。)

って、ところでしょうか。

この写真でも、別に悪くないんです。

でも、今こういう写真を撮っていて、

「あー。わたし、写真のセンスないわー」
「あー、わたし写真下手だわー」

って思っていて、

「もっと写真上手くなりたいな」

って、ちょっとでも思うのであれば、ぜひ続きも読んでみてください。

一眼レフを持ち始めたころ

2014年秋に、写真・カメラを学び始めたので、桜写真に反映されるのは、2015年から。

ゆっきー

2014年秋にベーシックコースを。
2014年冬にアドバンスコースを修了しました。

一番大きな違いは、スマホ→一眼レフ。
カメラが変わったこと!

ー2015年
ー2015年
ー2016年
ー2016年

この頃は、花を美しく撮るための条件とか、セオリーとか、何も知らない頃。

ただただ、

スマホで撮るより、なんだかふわっとボケて楽しいー!!

って、思って撮っていた時期です。

だから、たまたま上手く撮れても再現性はなく、なんか知らんけど、これは上手く撮れた!でも上手く行かないことも多いなー・・なんて、思っていました。

そんな時期もありましたよー。うんうん。

「桜の撮り方」を知ったころ

たしか、2017年だったと思います。「桜の撮り方」を学びました。

ー2017年
ー2017年

そうそう、フォトコミュニケーション協会で担当している、花写真専門のクラス(ベーシックNext「四季を味わう花写真」コース)がスタートしたのも2017年でしたー!

撮り方を知ったこと、そして伝えるぞー!とアウトプットすることで、ぐぐっと写真が変わった気がします。

いやー。知るって大事!!

ー2018年

「花写真」をさらに深く学び始めたころ

2018年秋から、刺激をいただきに、花写真の先生のもとへ。

ー2019年
ー2019年
ー2020年
ー2021年

一つ方法を覚えると、それだけ、に固まってしまいがちなのだけど、それだとやっぱりマンネリ化してしまいます。

去年と同じ ではつまらないし、人と同じ でもつまらない。

撮り方を覚えてできるようになったら、次はそれをどうやって破って自分らしい表現を作りあげていくか。

そういう意味でも、学び続けることにも意味があるな、と思うのです。

桜・さくら・SAKURA

同じ花だけど、毎年違う。

もちろん、咲いている場所が違ったり、撮っている種類が違ったりするけれど、それだけの違いではない、と思っています。

桜は撮るのが難しいので、比べてみると、自分自身の上達具合もわかりやすかったりします。

ぜひぜひ以前の写真と比べてみてください。

写真が変わった理由

この変化、すごくないですか?

同じ人が撮っているとは・・笑

ゆっきー

でもね、これだけの変化に、9年かかってますから!笑

こうやって並べて見ると、本人的には一目瞭然で。

学んだから、どんどん変わっているんですよね。

もちろん途中で、カメラが変わったり、レンズが増えたりしているけれど。

  • 一眼レフの扱い方を覚えた2015年。
  • 桜の撮り方を覚えた2017年。
  • 花写真を改めて学び始めた2018年。
    (桜の写真に学びが反映されるのは2019年から)

写真は習わなくても撮れるのだけど、習うと変化は大きいです。

変わりたいな、変えたいな!

と思ったら、ぜひフォトコミュニケーション協会へ。

一緒に学びましょー!

写真全般、上手くなりたい方は、「ベーシックコース」へ。

花写真コースで学びたい!方も、「ベーシックコース」を修了していただいてから、になります。

花写真のコースは、コロナのためにおやすみしているコースだけれど、そろそろやりたいなー。

関連記事
error: Content is protected !!