Y's Photo Labo Euphoria
写真の編集

使い倒せる文字入れアプリ 「Phonto」の使い方<基本編>

ゆっきー

こんにちは。竹内悠貴(たけうちゆき)です。

写真撮影や動画作成の講座を開催したり、商品写真の撮影・プロフィール写真の撮影など承っています!

いつもセミナーで話しきれないのですが、便利なアプリなので、ぜひ使って欲しいものをご紹介しています。

SNSにアップする写真・動画をワンランクアップさせる便利アプリたち。

わたしは毎日のように、このアプリたちを使い倒してます。このアプリがないとほんとに困る。

わたしの周りでは、かなり浸透しているアプリばかりなので、もう知ってるよーって方も多いはず。

ですが、全国各地でセミナーしていると、まだまだ「こんな便利なアプリ、知らなかった!」という方に、かなり遭遇するので、シリーズで書いて行きますね。

文字入れアプリ Phonto って?

これは写真に、文字が入れられるアプリです。

ダウンロードはこちら

iPhoneの方はこちら→App Store>>

アンドロイドの方はこちら→Google Play>>

写真を撮った人の名前を入れたり、お店の名前を入れたり、メニュー名を書いたり、値段を書いたり。 使用シーンは数知れず。

それにね。文字のフォントもたっぷり!!

文字の大きさ、文字を入れる場所、文字の色も自由自在。

シンプルなバナーだったら、Phontoだけで、デザインできちゃうくらい、いろんなことができます!!

なのにほぼ無料。ありがたい。

課金すれば、もっと使える幅は広がるようですが、わたしは無料の範囲で十分!!

Phontoの使い方 〜基本編〜 写真に文字を入れる

まずは、基本的な使い方から。

といっても、適当に使いはじめても、ちゃんと使えます。大丈夫。

この記事を読むより、さくっとアプリをダウンロードして、とりあえず試してみて欲しいくらい。笑。

と、言っていても始まらないので、ここから先は必要な方だけ、お読みください。

「Phonto」を立ち上げると、こちらの画面になります。

下の真ん中にある、カメラのボタンを押すと、画像の読み込みメニューが開きます。

写真を読み込む

今回は、写真に文字を入れたいので、「写真アルバム」をタップし、使いたい写真を選びましょう。

念のためお伝えしておくと、「一度の作業でたくさんの写真に同じ文字を入れたい!」は「Phonto」ではできません。1枚だけ選んでくださいねー。

複数枚に同じ文字を入れたいのにー!という方にオススメな技もあります。こちらの記事でご紹介しています。

1枚選ぶと、こんな画面になります。

ここは、フィルターをかけて、写真の雰囲気を変えられるよ!っていう工程です。

が、画像編集・フィルター効果をつけるだけなら、もっと使い勝手がよいアプリがたくさんあるので、わたしはここでは画像加工は行いません。

何も触れず、右上の「完了」を押します。

写真が読み込まれたので、文字を入れて行きましょう。

文字を入力する

画像の上、どこでもよいのでタップすると、「文字を追加」というメニューが出てきます。

「文字を追加」をタップします。

すると、文字入力パネルが出てくるので、入れたい言葉を入れましょう。

英語、日本語、どちらも大丈夫です!!

フォントを変えたい

「フォント」っていうボタンを押すと、使えるフォントがずらずらずらー!!!っと出てきます。

好きなものを使ってください。

私が好きで良く使うフォントは、この上の方に集まってる、星★付きの、お気に入りフォントたち。

英語フォントも、日本語フォントもたーくさんあります。

英語フォントは元々たくさん入っていますか、日本語フォントはダウンロードしないとダメだったはず。

でも、ほとんどのものが無料なので、好きなものをダウンロードしてみてください。

文字列の「中央寄せ」とか「左寄せ」も指定できます。

「縦書き」「横書き」も指定できます。「Phonto」すごい!!

入れたい文字の入力が終わったら「完了」を押しましょう。

文字のレイアウト場所を変えたい

文字の場所は、文字をタッチしてずらしてあげれば、自由にどこにでも動かせます。

文字の配置場所も、真ん中・端っこ、などは、「移動」→「レイアウト」で、一発で移動可能。

配置場所の微調整は、上下左右に、三角のキーで動かすことができます。

文字の大きさを変えたい

文字のサイズは「サイズ」で変えられます

文字の色を変えたい

「スタイル」を選べば、文字の色も自由自在に変えられます。

「スタイル」の中にある、「透明度」という数値を小さくすると、文字が透け始めます。

文字列を変形させたい

あとね、文字をカーブさせたりもできちゃうのですよー。

文字入れができた!完成!と思ったら、右下の四角から矢印が出ているマークをタップしてください。

「画像を保存」を選びます。

写真のフォルダに書き出されて、保存されていると思います。

あとは、フェイスブックに使ったり、Instagramに使ったり、普通の写真と同じように使っていただけます。

ね。 簡単に使えるでしょー。

また別記事で、文字の色をカラフルに、オシャレに入れる方法とか、縁取り文字にする方法とか、Phontoだけで画像デザインする方法とかも書いていきますねー。

まずは基本から。 試してみてください!

動画で使い方を見て確認したい方はこちらもどうぞ。

写真に文字入れをする時に、押さえておきたいコツ

文字の色選び。なんかセンスないんだよな…。

と思っている方に、おすすめな文字色の選び方。

「写真に写っている色を使う」

この写真の場合、薔薇の「赤」を文字色に使いました。

この写真に、急に「緑」とか、「青」の文字が来るとなんとなくチグハグな印象になります。

無難におすすめなのは、「白」。

白で浮いてしまう気がする場合は、「透明度」を下げると、文字の後ろが透けてくるので、馴染みやすくなりますよ。

洗練された雰囲気に、大人な雰囲気に、まとめたいなら、文字色は写真の中に写っている色を使うコト。

フォントの選び方や、色の選び方でも、印象はかなり大きく変わります。

どんな風に見せたいのか、を意識して選ぶといいですよ。

文字入れアプリ「Phonto」は、もっと使える!!「Phonto」の便利な使い方

文字入れアプリ「Phonto」の使い方。シリーズで書き溜めています。

関連記事
error: Content is protected !!