Y's Photo Labo Euphoria
写真の撮り方

すもももももももものうち♪

って早口言葉、ありましたよね?

ゆっきー

こんにちは。竹内悠貴(たけうちゆき)です。

写真撮影や動画作成の講座を開催したり、商品写真の撮影・プロフィール写真の撮影など承っています!

実家から、大量のすももをもらいました。

父が定年前に田舎の畑に植えたすももの木。
7〜8年たって、ようやく実をつけるようになったそうで。

「桃栗三年柿八年」とはよく言いますが、果樹は実をつけるようになるまでが大変なんですね。

去年は数個だったそうなので、今年この量なら、きっと来年以降はもっと実るに違いない!うん、楽しみー!!(育てず食べる担当のお気楽娘で申し訳ない・・笑)

すももは生で食べるのが大好きなんですが、さすがにこの量全てを食べ尽くすのは、夫婦2人ではちょっと厳しい。それにおすそわけって言っても、なかなかこの時期難しいですし。

ということで、ジャム作り。

全部ジャムでもよかったのだけど、コンポートにするのが手軽でおいしかったので、半分はコンポートにしました。

すもものコンポート

材料

  • すもも 12個(約500〜550g)
  • 砂糖 80g
  • お水 200ml

作り方

  1. すももと砂糖、お水を圧力鍋へ入れ、ふたをして加熱。
    (我が家では、アサヒのゼロ活力鍋を愛用しています♡今回は白い重りを使用しました)
  2. 圧力がかかったら、火を止め圧力が抜けるまで待つ。
  3. すももの皮がむけているので、取り除いて瓶詰めに。シロップも皮を避けて瓶の中へ。
  4. 残った皮とシロップはミキサー(ブレンダーでも)にかけ、鍋に戻して5分ほど煮詰める。アクが出てくるので取り除く。これはすももシロップとして、ちょっとだけ水や炭酸水で薄めて飲んでも美味しいです。
すもものジャム

材料

  • すもも 18個(約650g)
  • 砂糖 260g(すももの全重量の40%)

作り方

  1. すももから種を取り除き、実と皮はミキサーにかける。
  2. 種と①、砂糖を鍋に入れ、煮る。
  3. 20分ほど煮詰め、ほどよくとろっとしてきたら完成。

種の周りの果肉がもったいないので、ジャムとして一緒に煮てしまいます。種周りの果肉は煮ると実離れが良くなります。瓶詰めするときは、種部分は避けて別にしておくのがおすすめ。

せっかく撮るのだから、可愛く撮りたい!!

「ゆっきー先生のジャムの写真が可愛すぎるから、わたしの(作ったジャムの)写真上げられない〜!」

って、生徒さんに叫ばれちゃいました(笑)

いやいや‥

撮ったもん勝ちだって!!
アップしたもん勝ちだって!!

とは言うものの、そう言いたい気持ち、とってもよくわかります。

だからね。わたし、今回もこんなに苦戦したぜ!っていう、基本的に絶対見せない、否、見せたくない写真、お見せします。

(ここで注目すべきは、今回も!ってとこです。つまり毎回だね笑)

そもそも、どれくらい撮影したか、っていうと、今回は78枚撮影したらしい。

多いのか、少ないのか、はわからない・・。

たくさんのすももがあるんだよー!!が撮りたくて。

シンプルにボウルに入れたもの。

ちょっと下にキッチンクロスを引いてみる?

すももをボウルの外に転がしてみる?

クロスのくしゃっと度合いはどれくらいがいい?

すもも、手に取ってみる。→目立たないな・・

がぶってかじってみる?

こんな感じの試行錯誤の結果。
採用写真はこちらの2枚。

ジャム瓶の方が、今回はとっても難産でした・・!!

ランダムに並べてみるも、バランスが気に食わない。

手で持ってみたけど‥いまいちしっくりこない。

なんだかしっくりこなさすぎるので、今日はやめるか‥と一度は撮影を放棄(笑)

お?なんだか今見ているこの角度、すごくコンポートの色が綺麗に見えるんだけど?!ってことで撮影再開。

順光の方が色が綺麗に出る!けど背景が・・ひどい笑

背景が美しくないので、背景ボード、持ってこよう!

シンプルに。うーん、下のテーブルの色、背景の白の組み合わせがあまり好みじゃないな。

下にも白の背景ボードを敷いてみよう!!うん、まとまってきたけど、可もなく不可もなく。

絵にボリュームを出したいから、他のジャム瓶も背景に入れてみる。

色合いが寂しいから、グリーンをプラスしてみよう。(造花のオリーブを追加)

最初よりは、かなり良くなってきた気がするけど、わーい!可愛い!!キャピッて感じが足りないんだよねー・・うーん。

やっぱり順光では、キラキラ感が足りない!ということで、向きを変えて。

もしかしてキッチンクロスがうるさいかもしれない・・後ろへ下がってもらおう。

本物のすもも、置いちゃおう!うん!可愛い!!

で、ようやく、最初にお見せしてる、写真になったのですー。
(書いてみるとほんとに長い試行錯誤です・・)

撮っている間に、少し暗くなってきてしまったし、綺麗な白でないと赤の可愛さが出ないので、RAW現像で色味・明るさを整えて、完成です。

Before

After

試行錯誤しているときは、うーん、、うーん!!って大変ではあるのだけど、お気に入りの写真が撮れた瞬間、それまでの苦労は全部吹っ飛びます。

あぁ、ほんと可愛いなー♡

つまり、お気に入りの写真を撮るってことは、けっこう頭も心も使うこと。

今撮れた、その写真。
素敵に撮れた♪わーい!キャピ♡ってならなくて、気に食わないのだとしたら。

その写真のどこが気に食わないの?って、ひとつひとつ写真を見て、丁寧に自分の心に聞いて、工夫していくことで、「いいじゃん!」って写真に変わっていきますよ。

時には「あー、今日は全然だめだ!わかんないし、いろいろやってもうまくいかない!やめよ!!」ってこともありますし、やめちゃうのもOKだけどね^^

撮れた瞬間の快感を味わっちゃうと、頑張れちゃうんですよね。

ハンドメイドのジャムとか、雑貨とか、お気に入りの文房具とか。モノを素敵に撮れるようになりたい!なら、「ネットショップオーナーのための商品撮影コース」がおすすめ。

カメラの基礎を学んで、自分の撮りたい世界を写し出せるようになりたい方には、フォトスクール「ベーシックコース」がおすすめ。

理屈や理論は置いといて、気軽に楽しく実践メインで、カメラと楽しく仲良くなりたいなら、フォト散歩系のイベントへぜひどうぞ!

例えばこれとか。

楽しくカメラと仲良くなって、自分の見てる世界をどんどん表現していきましょ!!

関連記事
error: Content is protected !!