Y's Photo Labo Euphoria
ゆっきーのおすすめ

2ヶ月使って、ぶっちゃけどうなの?!アップルウォッチとの暮らし

ゆっきー

こんにちは。竹内悠貴(たけうちゆき)です。

写真撮影や動画作成の講座を開催したり、商品写真の撮影・プロフィール写真の撮影など承っています!

今日は、Apple LOVEな、ゆっきーによるアップルウォッチのお話です。

実はApple LOVEとはいえ、アップルウォッチには全く興味がなかったんです。

が、コロナによる自粛にともなって運動不足が気になり始め、ジムに行き始めたころから、体調管理・運動管理・健康管理してくれるアップルウォッチが欲しくなり。

まずはお試し!と、レンタルでお試しした後、Appleの初売りでGETしました。

ああ、可愛い・・

使い始めたらアップルウォッチのない生活には戻れないよ

と言われていたのですが、まさにその通り!!

普通の腕時計は、帰宅したらすぐ外すタイプなので、朝から晩まで、寝る時も付けたまま、なんて無理かな〜、なんて思っていたのですが、全然大丈夫。

いつもそばにいる。ずっとあなたを見ている。その安心感たるや!(大げさ笑)

ということで。

これ、アップルウォッチならではで、超便利だわー!と思っていること、まとめてみました。

ゆっきー的アップルウォッチ便利機能7選

タイマー

絶対、毎日使う機能でいえば「タイマー」。

いや、iPhoneでいいし、キッチンタイマーでいいんですけどね。

時間を測りたい時に、すぐに手元で、絶対そこにあって、測り始められる。
そして、どこにいても手元で通知される。あぁ、とっても便利!!

特にわたしは圧力鍋料理を作ることが多いので、毎晩フル活用です。

シュシュシュ・・と圧がかかったら、すぐに手元でタイマーをオン。
加圧調理中、ちょっと離れて他の家事をしてても、時間になったら手元で教えてくれるから絶対気づく。

うん、やっぱりどの機能よりも使ってますね。

アラーム

朝、起きる瞬間から、アップルウォッチは大活躍。目覚ましアラームも、アップルウォッチでの通知がとても良いです。

ブブブっと、手首で振動するんだけど、けっこうちゃんと起きられます。
(手首での振動くらいじゃ起きないと思ってた。)

睡眠計測アプリも導入しているんだけど、やっぱりこれは無料のだとあまり精度がよくなくてね。有料のを使おうか、すごく悩んでいます。

ちなみに今使っている無料の睡眠計測アプリは「Somnus」。
自動で睡眠状況を計測してもらうようにしているのだけど、ずっと座って何もしていなかったりしたら「眠ってた」って計測されちゃうし、充電していたはずの時間も「眠ってた」って結果になっていたりするので、うーーーーーん・・。

ま、そのデータを消せばいいのだけど、面倒なんだよな。うん。

有料ので使うなら「AutoSleep」(買い切り610円)かなー、と思っていて、そんなことないとは信じてるけど、同じ結果だったら、、と思うと踏み切れない・・!!

乗り換え案内(駅すぱあと)

乗り換え案内、今までは「ジョルダン」を10年以上使い続けてきたのですが、「駅すぱあと」が、アップルウォッチ対応もしていることを発見したので、アプリを乗り換えました。

検索は普通にiPhoneでやるのだけれど、最後に検索した情報が瞬時にアップルウォッチに同期されて、

  • 【イマココ】今どこにいるのか
  • 【経路】検索した経路の確認
  • 【タイマー】次の電車の発車時刻までの時間

が見られるのです。

わたしは出張で初めて乗る電車を使うことも多いので、「イマココ」とか、とっても安心。駅名とか聞いていてもわからなすぎて「今どこ?いつ降りる?」ってなるので。

降り忘れ防止に、乗降アラームも途中の乗り換え駅、1つだけ設定できるので、設定しておくとさらに安心。(「プレミアム機能」にすれば、複数設定できます。)

Wallet (PASMO)

カード式のパスモから、モバイルPASMOに変更して「あー、絶対忘れなくて便利ー!」と思っていたのですが、アップルウォッチにPASMOを入れたら、いやー、めちゃくちゃ便利!!ほんと便利!!!

私はアップルウォッチを左手につけてるので、改札のたびにちょっと体を捻らなきゃいけなくて、微妙にスマートじゃないのですが。スマートさをとるなら、右手につけるべきなんだけど、やっぱりちょっと邪魔なんだよね・・右手に時計があるのって。1週間くらい、強制的につけていたら慣れるかもしれないけれど。

とりあえずスマートさは置いておくにしても、この改札を「ぴっ」って通る時の快適さはアップルウォッチならではだなー、なんて思います。

ただ、モバイルPASMOの時に、上手くPASMOが改札で反応しなくてなかなか通れなかったことがあったので、そんな事態にならないといいなぁ、なんてドキドキしながら毎回使っています。あと、充電切れちゃうと困るよね。ほんとに。気をつけないと。

アクティビティ(ワークアウト)

ジムに行く時に活躍!

「ウォーキング」や「ランニング」のメニューはもちろん、ヨガとかもあるので、スタジオメニューの時も、どれくらい動いたのか、どれくらいカロリー消費したのか、見えるのがモチベーションになります。

心拍数とかも、有酸素運動している時はちらちらチェックして、適度な数値をキープできるようにしています。

リマインダー(お買い物リストとして)

いつもiPhone片手に買い物してたのですが、アップルウォッチで見られるの、とっても楽ちんです。

いちいちバッグから、ポケットから出す、っていう動作がないだけで、こんなにも楽なんだ!という感動。

不便とも思ってないレベルの小さい小さい不満を解消してくれるのが、アップルウォッチなんですねー。

マスクしててもOK!顔認証ロックを外してくれる!!

いやー。これ、ほんとに便利ー。

これだけのために、アップルウォッチ買ってもいいんじゃないかと思うくらい、毎日外でマスクしていないといけない人は、超快適になると思います。

番外編 ちょっと切ないけど可愛い、おとぼけアップルウォッチ

多分、コロナ対応で搭載されたと思う「手洗い」機能。(手を洗っていると検知したら20秒のタイマーをかけてくれる)

もちろん、手洗い時も反応するんだけど、食器洗っている時に必ず反応するんですよね(笑)

ゆっきー

う、うん・・手を、というか食器を洗っているよ、うん。

まぁ、洗っているには違いないんだけど・・

この間なんて、ジャガイモを洗っている時に反応したので、1人なのに爆笑してしまったです。

しっかりものなのに、ちょっとおとぼけ。可愛いのぅ。

アップルウォッチのここは残念!

毎日必ず充電が必要なこと、ですかね。

でも、iPhoneも毎日充電するし、そんなものだと思えば苦にならないかなー。
わたしは晩御飯を食べたあと、充電スポットに持っていって、寝る前にまたアップルウォッチを身につける流れにしています。

一応防水で、お風呂も大丈夫みたいなんだけど、昭和生まれなわたしとしては、電子機器をお風呂に持っていくのが怖いので、お風呂タイムが充電タイムになっています。

ゆっきー的アップルウォッチを使いこなすコツ

アップルウォッチのいいところは、通知を見逃しにくくなるところ。

だからこそ、通知は最低限に。絶対絶対必要!なものだけ来るように設定しています。
LINEとか、メッセンジャーとかメールとか。

LINEなら、リアルな知り合い以外のお店などの営業系アカウントは、基本的にぜーんぶ通知オフ。時々設定が漏れていて、不要な通知が手元に来た時は、すぐさまiPhoneを手に取り、該当アカウントの通知をオフに。すぐやる。

通知が来すぎて、面倒になってアップルウォッチを付けなくなる。というパターンを避けたいなら、徹底的に通知を管理すべしです。

あれ?なんにもお知らせ来ないな?くらいが、きっとちょうどいいはずです。

まとめ

他にも細かいお気にいりポイントはあって、

  • 文字盤がいくつも設定できる!
  • タイマーとかよく使う機能は文字盤にセットしておける
  • バンドが付け替え可能だから、気分に合わせて自分好みにおめかしできる
  • アクティビティのリングが3重完成した時の達成感が半端ない!

とりあえず2ヶ月使ってみての感想は。

ゆっきー

いつもそばにいる 安心感
小さな不便も見逃さない 超快適!

です。

思っていた以上にナチュラルに暮らしに馴染んで、欠かせないツールになりました。

フォトグラファー的には「アップルウォッチでカメラのシャッターを押せる」とか、いいじゃん!って思ってたけど、ま、使わないですね(笑)とりあえずこの2ヶ月では使ってないです。外に行かない、という理由もあるかもしれませんが。

今回紹介した機能は、どれもかなり地味なものばかり。ですが、どれも暮らしをちょっとずつ快適にしてくれますよー!!

iPhoneユーザーさんは、ぜひ。

気になったら、レンタルで試してみる、というのがおすすめです。これいいじゃん!絶対使う!!と思ったら買ったらいいし、使ってみて物欲が満たされてもういいや、となったら返せばいいだけだし。

わたしは「ゲオあれこれレンタル」で1ヶ月レンタルしたよー。

関連記事
error: Content is protected !!